お気に入りの赤坂出張マッサージ
久しぶりに赤坂出張マッサージを利用してみました。久しぶりの出張マッサージのアプリの利用でしたが、操作画面がわかりやすいので、スムーズに利用できました。初めて赤坂出張マッサージのセラピストさんが来る時は、少しばかりか緊張気味でしたが、慣れてきた現在はリラックスしたものでした。また、礼儀正しいセラピストさんが、笑顔で来られるのが目に浮かびました。今回も担当の女性に、「よろしくお願いします」と挨拶されて、和やかな雰囲気でスタートです。私は、仕事の出張でホテルで泊まる時は、空き時間に出張マッサージをする事にしています。シャワーだけでは取れない疲れがすっかり取れるからです。ベッドにうつ伏せになっている私に、セラピストさんは指圧とオイルを使って全身をほぐしてくれました。力加減もちょうどよくて、とても気持ちよくて眠りそうになりました。女性の上手な手つきから、経験がかなりあるというのが分かりました。マッサージだけでも十分満足できるレベルでしたが、セラピストさんとの会話で、心もかなりほぐれましたし、雰囲気も最高でした。料金は高めですが、それだけの価値があると思いました。また出張マッサージを利用したいと思います。
料金は高めですが、それだけの価値があると思いました

閑静な高級住宅街である港区赤坂

高級ショップが建ち並んでいることで有名な赤坂は、東京都港区の北部に位置しています。付近一帯が標高20~30mの武蔵野台地に立地していることから、多くの坂を見ることができます。地区内を東京メトロ銀座線・丸ノ内線が走ります。

赤坂は江戸時代を代表する大名・武家屋敷、寺社地域であり、広大な紀州徳川家の上屋敷跡地は現在、迎賓館や東宮御所、秩父宮邸、三笠宮邸として利用されています。なお、地域一帯が閑静な高級住宅地になっていることから、アメリカ大使館など外国の大公使館が数多く設置されています。

赤坂見附から溜池にかけて高級ホテルが集中している他、乃木神社、氷川神社、豊川稲荷という有名な神社があります。

実は現在とは違い、明治時代以降の赤坂は武家屋敷の荒廃が激しく、人通りはほとんどありませんでした。国木田独歩の「夜の赤坂(1902年)」という小説の中でも、『道はまるで無人の境です。人つ子一人通つて居ません』と記されています。

赤坂が変貌するのは、1910年代からです。殖産興業の一環として赤坂で栽培されていた桑・茶園がしだいに高級住宅地に変わっていきます。その後、高級住宅の周りに料亭が軒を連ねるようになり、多くの芸妓で賑わい出します。現在の赤坂は政財界の奥座敷として、その名が広く知られています。

トップに戻る